Aug 9, 2021

ep.171/ 冷凍食品にハマってしまった

4989 American Life EP.171
■Green Cardの進捗
■冷凍食品にハマってしまった
■伊達メガネ
■夏学期の成績
 
★スクリプト★
続きはウェブサイトへ!
 
 
皆さん、聞いてください!ビッグニュース!
アメリカの永住権、グリーンカード関連なんですが、
なんと、グリーンカードの申請、承認されたらしいんです。
え。
いや、私も突然のことで、嬉しいんですけど、とっても。でも、へ?え?って感じなんです。
「承認されたらしい」って感じで。感覚的には。
いや「らしい」というか、ほぼ確実にOK、承認されたんですけど。
というのも、先日、本当数日前、いきなりApproval Notiveの手紙がUSCIS移民局から届きまして、
「あなたの申請は承認されました。カードそのうち送りますね」的なことが書いていあったんですよ。
え、どういうこと?っと思って、
なぜならばね、本来だったら、今まだインタビュー、面接ですね、の日程の連絡が来るのを待ってるはずだったんですよ。
そうなの。本当の流れとしては、この後面接があって、それで承認されるっていう流れのはずなのですが、面接が何故か免除されたみたいで、
面接部分をスキップして、いきなり承認されたみたいなんです。
ミラクルぅ。
ヒュー。
これは日頃の行いですかね。
今回の申請は、グリーンカード抽選っていう毎年行われている抽選で当たるとグリーンカードを申請する権利をもらえるというプログラムでのものなのですが、
私の場合、ゼロからアメリカに移住するっていうわけではなく、もう既にアメリカ国内に何年も住んでるのでAdjustment of StatusというVisa のステータスを変更するという申請で、
一般の当選者とは少し流れが違ったので、
そういった背景も加味された上での面接免除だったんですかね。
でもネットの情報交換サイトみたいなところで、私たちと同じようなグリーンカード抽選の当選者でAdustment of Statusの人たちが色々申請の進捗状況をシェアし合うサイトがあるんですが、
そこの書き込みを見る限り、これまで申請が承認された人はみんな普通に面接やってたんですよね。
1人だけ免除されている人がいたかな。
そう、だから本当にこれは、ラッキーとしか言いようがないんです。
 
Approval Noticeが届いてるので、本当に承認されたんだと思いますが、
まだちょっと急なことで、
え、これ本当の本当にOKなんだよね、大丈夫なのよね?っと半信半疑なんです。
ここ数日でグリーンカードそのものが届くらしいので、
届いたら実感が湧くのでしょうかね。
なんかそれまでは、なんかソワソワして、えー、本当?なんかの手違いで承認されたとかじゃないよね?って安心できない感じです。
 
そして、もう一つ心配というか、それ程心配はしてないんですが、
夫の申請はまだプロセス中なんですよ。
今回の当選者は私で、私がなんていうんですか、メインの申請者となって、夫は結婚している配偶者なので一緒に申請したんです。
申請後ここまでは動きがある時は夫婦同時に連絡が来て進んできたんです。
なのに、先日Approval noticeを受け取ったのは私だけで、
夫の申請については、ウェブサイトで動きが確認できるんですけど、依然特に進捗がないんですよね。
謎〜
なんかさ、大喜びできないっていうか、
わかりますかね、アイドルのオーディションに一緒に参加していた仲間がいて、最終審査まで一緒に苦楽を共にしてきてすごく仲良くなったんですけど、
私だけ合格しちゃった。みたいな。
私も嬉しいし、相手も「おめでとう!」って言ってくれてるけど、ちょっとあれよね。みたいな。
 
まぁ私たちのケースでは、私が承認されて永住権を得られれば、万が一夫の申請がタイムリミットの9月末までに間に合わなくて無効となったとしても、
普通にその後通常の申請ルートで配偶者として問題なく永住権を得られると思うので、
なんでだろうなぁという謎はありますが、それほど心配はしていません。
一気に夫婦同時で承認されたー!わー!みたいなお祭り騒ぎができないのが少し寂しいですが、
いや、でも本当に嬉しいです。
実際にグリーンカードが届かいないと心配っていうのは本当なので、またカードを手にした時に正式に皆様にご報告させてください。
 
ひょー、とにかく急展開でびっくりしています。
はい、ご報告でした。

Aug 2, 2021

ep.170/ 私のPaypal完全体になる

4989 American Life EP.170
■paypalが完全体になった
■トランスクリプト
 
 
★スクリプト★
続きはウェブサイトへ!
 

聞いてください、皆さん、少し前に応募していた、カレッジのスカラーシップ、奨学金ですねをもらえることになりました!
この応募した話ってしましたっけ?
ちょっと話たかどうか忘れっちゃったんですけど、
日本もアメリカも大学の奨学金って色々な種類がたくさんあると思うんですけど、
私がクラスを取っているコミュニティカレッジも色々スカラーシッププログラムがあって、ちょっとした数百ドルもらえるやつから、4大に行くプログラムで何千ドルってもらえるやつとか、
特定のメジャー、専攻の学生に対してのやつとか、特定の条件、例えば家族内で自分が大学に進学する1人目、両親とか兄弟とか誰もこれまで大学に行ってない家庭で、自分が大学進学1st generationみたいな、そういう学生対象にしているやつとか、とにかくたくさんあります。
で、今回ね、今回というかこの年明けにカレッジで勉強することにしたんですけど、本当にこの歳で、ガレッジで勉強する意味があるのかな、価値があるのかなって話をしたんですが、
そこで話していたのが、
フルタイムでクラスを取るって、エネルギーはもちろん使うけど、時間も使うし、そして授業料のもかかるからお金も使うと。
コミュニティカレッジの授業料はそれほど高くないですが、それでもひと学期、我が家としたらまあまあなお金がかかるわけで、
その面でもね、お金を使ってまで勉強することがこの先の私たちの将来の生活に役立てばいいけど、どうなのかな、大丈夫かな、って、その辺りにも引っかかってるよという話をしたと思うんです。
結局、よし、頑張ろう、と決意してクラスを取り始めたわけですが、

春くらいかな、3月とかにスカラーシップ、奨学金の応募をみんなしましょう。みたいなメールを見て、
特定の生徒向けのプログラムに応募することもできたと思うんですが、
そうではなくて、特に生徒側こちらではどの奨学金に応募するかは決めず、共通のフォーマットで申請書が用意されていて、カレッジ側が誰にどの奨学金プログラムを送るかを決めるみたいな、
そういう仕組みのやつがあって、そのー、今回私が応募したやつがですね。
こういう奨学金の申請、応募の書類には、簡単なエッセイみたいなのも必要だし、あとはletter of recomendation という、推薦状みたいなのを誰かに書いてもらう必要があります。
今回は、ESL時代からお世話になっている先生のCarolにそれを書いてもらって、で、提出しました。

提出したんですが、何にも音沙汰がなく、
あーダメだったのかなぁと思っていたら、先日、selected されました!選ばれました!という連絡が来ました。
なんと$1,000もらえるそうです!
$1,000!私にはとても大きいです。嬉しい!
次の秋学期に$500、その次の春学期に更に$500の合計$1,000なんですけど、
助かりますね。
だいたい今カリフォルニアのパブリックのコミュニティカレッジが1ユニット$48とかかな、47?そのくらいなんですよ。
だから1ユニットざっくり$50で計算したとして、12ユニットで$600でしょ、
だからひと学期少なくとも$600ドルはかかる予定だったのが、$100くらいで済むってことなんです。
いいですよね、大きいですよね。
ありがたいです。

なんかとってもね、背中を押されたというか、
せっかくもらったこのチャンス、しっかり無駄にしないように勉強しようという気持ちになっています。
本当にありがたいです。

今はですね、夏学期1つとっていたクラスも無事終わって、
秋学期は8月の最終週からスタートなので、1ヶ月弱、本当の夏休みというか、時間に余裕のある期間がありますが、
エネルギーを蓄えて、また新たな気持ちで秋学期頑張りたいと思います。
はい、というハッピーなニュースでした。

今日のエピソードですが、paypalについてお話をしたいと思います。その他答えてうたこさんのコーナーも予定しています。

Jul 26, 2021

ep.169/ 結局Daisoしか勝たん!

4989 American Life EP.169
■YouTubeチャンネルについて
■結局Daisoしか勝たん!
■AM/PM表現問題
 
★スクリプト★
続きはウェブサイトへ!
 
 

さて、今日は4989のYouTubeアカウントのお話をopeningトークとしてしたいのですが、
今ですね、登録者数、サブスクライブ数が950人くらいで、もう少しでなんと1000人なんですよ。
わお。
1K。見たい見たい、Kの文字見たいです。
一般的なね、YouTubeチャンネルやってます!って感覚からすると1,000人とかって別にそんな大した数字でもないかもしれないですけど、
私にとってはすごいことです。

ということで、ここで皆様にお願いです。
YouTubeの4989AmericanLifeのチャンネル登録がまだの方、是非ご登録をお願いいたします。
どうぞどうぞ、何卒、お願いいたします。

この4989American LifeのYouTubeチャンネルという事で、
毎週アップロードしているね、このポッドキャストのエピソードをYouTubeにもアップしているって、ただそれだけのチャンネルなんですが、
当初このポッドキャストを始めた時に、アメリカではポッドキャストって結構メジャーというか、そんなに普段聞かないよって人でも、ああ、ポッドキャストね。って知名度がある、
そういう媒体だったんですけど、
日本って、今はね、ポッドキャストも増えてきているみたいですけど、
始めた頃は日本では、あとはアメリカに住んでいる日本の方もポッドキャスト自体を知らない人も多くて、
YouTubeにもエピソードをアップロードした方が、YouTubeの方が聴きやすいよ、YouTubeの方が慣れてていいよ〜っていう方が多いんじゃないかなと思ってですね、
そういう理由でYouTubeチャンネルも作ったんです。

で、ありがたいことに本当に少しずつですが登録してくださる方が増て、
で、ありがたいことにもうすぐ1000人となるわけです。

なんかですね、で、ここから私の悩みというか、皆さんにご相談なんですけど、
ちょっと心の中で葛藤があるというか、モヤモヤしているというか、どうしようかなーと思っていることがあってですね、
まず、大前提として、4989 American Life podcastは、まぁ、その名の通りポッドキャストなわけですよ。
私は個人的にポッドキャストが好きで、今までも色々聴いてて、もちろんこれからも色々聴きたいんですけど、
そう、だから「ポッドキャスト」という何て言うんですか、媒体?形式?にこだわりたいと言うか、
ずっと、できる限りこのポッドキャストを、ポッドキャストで続けていきたいなと思っているんです。

でも、最近YouTubeに登録してくれる方も増えてきて、
欲がね、人間どうしても出てくるわけで、
あれ、1Kが見えてきたぞ。いや、1000人行ったなら、もっと登録者数増やしたいな。見たいな。
もっと聴いてくれる人、チャンネルに来てくれる人増やしたいなって思っちゃうんですよ。
実際、もうすぐ1000人とかって言ってますけど、
YouTubeで毎週エピソードが再生されているのは、調子良くて200くらい、普段は150再生くらいしかないです。
更に同じ方が何回か再生してくださっていることもあるので、全然普段の再生数は少ないんですよね。
皆さん、恐らくポッドキャスト派の方もリスナーさん優しいですね、youtubeの方も一応登録してくれているから登録者数が伸びているんじゃないかな、と言ったところです。

せっかくチャンネルがあって、サブスクライブしてくださっている方がいるなら、
もっと何か発信していきたいなーとね、なんかやっぱ思うんですよね。
まぁ何でもいいから何かアップしてみればいいじゃんって思われるかもしれないですけど、
何かやろうかなーと考えると結構考えちゃって。
現時点ではね、スライドログと言う、写真のスライドショー に合わせて私が説明をしているビデオが4つかな、キャンプのスライドログなんですけど、
それが上がっていて、
別にそれも再生数があるわけでもないんですけど、まぁそれは自分の記録的な感じでも続けてたいとは思うんですが、
でもですよ、
スライドログは既にもうビデオが存在するからいいとして、
なんか別のビデオをアップするとしても、
4989のポッドキャストのチャンネルじゃん?って思っちゃって、
どういうことかというと、なんか別にポッドキャストを普段聴いてて登録してくれた人は別にポッドキャスト以外のビデオとか興味ないかもだし、
やっぱり私の、この4989の軸はポッドキャストで、ポッドキャストがメインなのに、
ごちゃごちゃ別のビデオもアップしちゃうと中途半端で微妙になっちゃわないかなーみたいなね。
わかりますかね。
一丁前にそんな悩みというか、考えが頭の中をめぐっています。

そうなんですよ、考えるより行動しろって感じだし、
そもそもその写真のスライドショー ビデオである、スライドログも4つで止まってるし、
秋からもまたフルタイムでカレッジのクラス取るのに、そんなビデオなんて撮ってる時間あるの?編集している時間あるの?って思いますよね、
その通り!
できる自信がありません。
たぶんポッドキャストを毎週更新することでもういっぱいいっぱいだと思うんですけど、
なんですけど、なんか、あーせっかく登録者さんが増えてきているのに勿体無いなーなんて思ったりもして。
いや、わかってます。
時間は有限。
睡眠大事。

でもねー、私色々考えることが好きで、アイデアを出すことが好きで、
思いつくとやりたくなっちゃうんですよね。
そう、だから4989のYouTube、どうしたらいいと思いますか?

ちなみにね、実はもう1つやりたいことがあって、それがね、びっくりするほど進んでないんですよね。
もうかれこれ3年とかずっと考えていることで、
それもね、4989とは別でですけど、並行して少しずつでもいいのでやれたらいいなぁと思っているんですが、
そうなの。
時間は有限。
睡眠大事。
ちょっとさ、やりたいことがたくさんありすぎて何をしたいのかわからなくなっちゃう、
そんなアラフォーなんですけど、
でも自分のアイデアを大切にしたいよね、せっかく思いついたんだから、形にしたいなぁ、やっぱり。
ちょっと、それも、近々、何のビジョンも見えない状態かもしれませんが、皆さんにお伝えさせてください。

ということで、オープニングから長くなりました。
私が皆さんにお伝えしたいこと、お願いしたいことは、
YouTubeの登録、まだの方はお願いします。ということです。
とりあえず1Kをとっぱして、お祝いに美味しいケーキを食べたいです。
よろしくお願いします。

今日のエピソードでは、この前久しぶりにダイソーに行ったんですけど、なんだかんだ言っても、やっぱりダイソーってすごいな、
結局ダイソーしか勝たん!だな。というお話をしたいと思います。
その他アラフォーon Campusのコーナーも予定しています。

Jul 19, 2021

ep.168/ 夏のSpeechクラスいよいよ大詰め

4989 American Life EP.168
■アラフォーon Campus
■モーニング娘が好き
 
 
★スクリプト★
続きはウェブサイトへ!

 

 

まずアメリカ永住権、グリーンカード申請についてのアップデートです。
時々進捗をシェアしているのですが、
私たち夫婦は現在、夫の就労ビザ、働くためのビザですね、があるのでアメリカで生活をしているのですが、
就労ビザだとアメリカに住める最長年数が限られているので、現在その就労ビザを元にグリーンカードという、ビザの制限なくアメリカに住めるよ、というステータスの申請中です。
就労ビザから永住権への切り替えは、色々ですね、制限がありまして、
制限があるというか、雇用主が主導権を握っているので、なかなかスムーズに進まない部分も色々あり時間がかかっています。
 
その申請とは別に、永住権の申請をする権利が抽選で当たっちゃうという、
いわゆる、永住権福引プログラムなるものが1年に1回ありまして、毎年運試しという感じで夫婦で応募していたのですが、
去年、なんと当選しまして、
その永住権福引プログラム、英語ではDiversity visaとか、green card lottelyとかって呼ばれていますが、それベースの申請も同時進行中です。
ただね、何度もお話しているので知っている方も多いと思いますが、
このプログラムは当選しても永住権が必ずもらえるわけではなく、もちろん申請後に審査で落とされる場合もありますし、
なんと言っても去年から今年にかけてはCOVIDの、コロナの影響で移民局や各国のアメリカ大使館の業務が滞っていて、
手続きが全然進まない、書類は提出したけど全然連絡が来ないという当選者がたくさんいます。
 
そんな中、我々は当選した時に順番待ちの番号が振られるのですが、その番号が絶望的に後ろの方だったのですが、
運よく手続き開始の順番が回ってきまして、
書類を提出して、それが受理されて、プロセスがスタートしました。
 
そんな状況なんですが、
この前の月曜日に、biometrics、fingerprintですね、指紋。そう、指紋の採取に行ってきました。
このbiometricsの日付も移民局から手紙が来て、その中で何月何日ですよって指定されたのですが、
ネットの情報だとその予定日、予約日っていうのかな、よりも前に、アポなしで、
アポなしで予約なしで行くことをwalk-inって言うんですが、walk-inでも指紋採取やってくれる場合があると言うことで、
早ければ早い方がいいので、1日でも早くできた方がいいと思って、
合計2回、指定日よりも前にwalk-inを試みましたが、両日ともに「現在はコロナもあってwalk-inはやってません」って門前払いされ、
結局、当初の指定日であった先週の月曜日まで待って、指紋採取してきました。
 
なんでそんなに急いでいたか、指定日よりも前にね、アポなしのwalk-inにチャレンジしたかというと、
この福引プログラムには、タイムリミットがあるんです。
当選者の申請から承認までの一連の流れは、当選発表の次の年の9月の末までに完了しないといけないっていう決まりがあります。
そう、だから9月の終わりがタイムリミットなんです。
お話したように現在は例年よりも移民局の動きが遅くて、私たちの他にもたくさんの申請者がいて、
更にはその福引プログラムよりももっと重要な?急を要するvisa 申請もたくさんあって、
おそらく、というか絶対、既に提出されている申請は全部さばけないんですよ。
9月末のタイムリミットに間に合わないとどうなるかっていうと、
もうそこで終了、残念でした。ということになり、当選はなかったことに、申請もなかったことになります。
前から聴いてくださっている方は何度も話して申し訳ないですが、私たち夫婦は本当にこの今回チャンスをゲットしたDiversity visa、福引当選分で永住権を取得したくて、
運よくここまで手続きが進んできて、申請費用や健康診断や諸々で夫婦2人で合計4000ドル近くかな、支払っていますし、
これでね、9月に間に合わなければ、支払ったお金も消え去るということで、
そういうものでね、仕方はないのですが、どうにか、間に合ってくれ。と願っています。
 
今回のbiometrics、指紋採取が終わって、
次予定されているステップは、いよいよ面接の日付の連絡が手紙で届きます。
指紋採取からこの面接レターまでは結構かかるみたいで、
これもね、個々の申請者によって違ったり、あとは面接をする場所の混み具合も影響するので、なんとも言えないんですが、
私たちが面接に行くのはSan Joseというシリコンバレーがあったりする移民だらけの地域なので、
当然移民局も大忙しの地域なわけで、
くーーーーー、混んでるんだろうなぁ。って感じですけど、
もう、ここまで来たら、願うしかないですからね。
面接日が早く決まりますように。
 
 
今日のエピソードでは、この夏に取っているクラスがラストスパートに入りましたので、
どんな感じなのかをお話したいと思います。

Jul 12, 2021

ep.167/ アメリカの接客に喝!

4989 American Life EP.167
■アメリカの赤脚に喝!
■勘違いしていた英語シリーズ
 
★スクリプト★
続きはウェブサイトへ!
 
 
先日、私たち夫婦の友達、マットが我が家に遊びにきてくれました。
このポッドキャストでも何回も話しているんですが、毎年、主に年末年始あたりに会うサンディエゴに住んでいる友達で、
私たちがサンディエゴに遊びに行くことが多いんですけど、
今回は家族の集まりで私たちの家の近くまで来る予定があるということで、その帰りに寄ってくれました。
マットと会う度に思うんですけど、ほんと、いい意味で全然気を使わなくていいい、一緒に過ごしていて楽な、居心地の良い友達だなって思います。
やっぱりいいなぁって改めて思ったのが、
マットって元々うちの旦那さんの大学時代の友達で、もう2人が20歳とかね、そのくらいからの友達なんですよ。
友達付き合いが続いているくらいなんでお互い気が合うんでしょうね、
なんかどうしようもない話から大学時代の昔話から、ちょっと真面目な話まで、とにかくずっと話しをしてて、
私は横でそんな2人を見ていて、ちょっと嬉しいんですよね、
なんていうんですかね、上手く説明できないですけど、
楽しそうだなーって。
とにかくずーっと話してましたね、2人。
私も聞いてて楽しいんですよ。楽しいっていうか新鮮っていうか。
普段私とは話さないような内容を話してて、
例えば私が知らないアメリカのミュージシャンの話とか、政治の話とか。
 
旦那さん繋がりの友達ではあるんですが、もう私も付き合いが長いので、
話すのも別に緊張しないし、我が家に来てくれる時も気疲れすることもないし、逆にマットの家に遊びに行った時も気を遣って大変ってこともないし、良い関係です。
と思ってます、私は。
 
夫婦で気兼ねなく付き合える友達って、やはり歳を重ねるごとに少なくなっていって、
今ね、住んでいるエリアでも普段一緒に飲み会をする友達夫婦や、気が合う友達もいますけど、
やはり絶対数が日本に住んでいた時と比べたら全然少なくて、
アメリカで友達を作るって難しいですけど、やっぱり人との付き合いを大切にしていきたいなと改めて思いますね。
特にコロナで去年はずっと、ほぼ家にいて、
そうなると夫婦お互いしか話す人がいないですからね、視野が狭くなるというか、
今回マットが遊びに来てくれたのもそうですけど、人と話すと新たな発見があるというかね、へぇ、面白いなって感じることがたくさんあって、
私はやっぱりそういう人とコミュニケーションをとって色々知るとか感じるとかが好きなので、
人と話していこうって思いました。
 
さて今日のエピソードですが、前学期、春学期ですね、とっていたビジネスのクラスの課題について少しシェアしたいことがありお話したいと思います。
その他英語の話も予定しています。

« Newer Posts - Older Posts »

Podbean App

Play this podcast on Podbean App