ep.161/ 謝る文化の日本から来て感じること

31May

4989 American Life EP.161
■コロナワクチン2本目
■ 髪の毛セルフカット
 
 
★スクリプト★
続きはウェブサイトへ!
 
昨日、久しぶりに話す日本の友達2人とZoomでおしゃべりする会をしました。
日本時間のお昼前、11時、カリフォルニア時間の夜7時からスタートしたのですが、
特に終了時間は決めてなくて、でもまぁ1時間半、2時間くらいかなぁなんてなんとなく思ってました。
結果、何時間話したと思います?
5時間。
話し過ぎ。
そうなんですー。5時間も話しちゃったの。
私含めて3人で話してて、私以外の2人はたまに、連絡をとったり会ったりしている仲なんですけど、
住んでいるところも遠いし、ここ最近はコロナの影響もあってきっとその2人も久しぶりだったと思うのですが、
私なんて、本当に久々すぎて。
2人は昔勤めていた会社の仲間で、私はもう10数年前に会社を辞めてるんですが、
今でもこうして連絡取り合えて、しかも話が止まらず5時間も話ちゃう仲でいられるのがとっても嬉しいなと思いました。
楽しかったです。
 
なんか改めて感じたのは、人によって性格はもちろん、人生の今生きている環境も、家族構成も、あとは個人の性格も考え方も全然違うなって思って、
当たり前のことですけどね。
そして興味も違って、
今回のおしゃべり会をした友人でいうと、2人とも子供がいて、私には未知の世界だけど、
でも2人は2人でこれまたそれぞれ住んでいるところも環境も子育てに関する考え方も違って、
で、2人からしたらアメリカに住んでいる私の生活はたぶん日常から外れた想像を超えたことで、
あー、皆んな違う道を進んでるなぁなんて思ったんですよ。
 
なんか上手く説明できないですけど、すごく久しぶりに話す2人との会話がとても新鮮というか興味深くて、懐かしい昔話さえ、なんか新鮮で、
やっぱり色々な人と話して、色々な人の考えていることを聞くことって楽しいなって思いました。
それによっていきなり急に私の考えや行動が直接何か変わるかって言われたら変わらないと思いますが、
何か、具体的には言葉にならないですけど、自分が体験してない世界を知るっていうか、そんな言い方すると大袈裟ですけど、
知らない事を知るっていう感覚がそれが心地よかったんですよね。
アンテナを広く張ってというか、いつでもオープンに色々な人と話すって大切だなって思いました。
新しく出会った人ともだし、友達ともね、もっと話す機会を持っていこうって思った夜でした。
まぁ5時間は話し過ぎですけどね。
 
それからコロナのワクチン2本目を打って約1週間が経ちました。
完全体になるには、完全体ってなんかドラゴンボールのセルみたいだけど、
Fully vaccinated って日本語でなんていうんですか?
ファイザーとモデルナは2回打つんですけど、2回目打ってすぐ、はいOKですとなるのではなくて、
その後2週間かけて免疫が働くようになるんですよ。
それまでには私の場合はまだあと1週間あるんですけど、
まあ、2週間経ってFully vaccinatedになったからといって、すぐさま人混みの中にダイブするような生活は送らないですけどね、
気をつけて生活することには変わりませんが、
でもね、やっぱり安心感みたいなものがありますよね。
 
今日のエピソードでは、そのワクチン2本目を打った時のお話をしたいと思います。
その他My Favoriteのコーナーも予定しています。
Podbean App

Play this podcast on Podbean App